フォトアルバム

Live Moon

twitter

更新ブログ

Powered by Six Apart

カウンター♪

アクセス

最近のトラックバック

「ユキは十七歳 特攻で死んだ」毛利 恒之(著)

著者は脚本を書く方でした。
(「月光の夏」という映画の脚本を書かれています。)

特攻関係の取材で九州を訪れ、その時に「子犬を抱いた少年」の写真と遭遇します。
その少年が、荒木春雄さん(17歳)でした。
死を目前にして、やさしい微笑みを浮かべる写真に衝撃を受け、
この少年たちの事を知りたいと取材を重ね、
取材で得た内容のみを本にされたそうです。

荒木少年の生い立ち、飛行機への憧れ、飛行予科練習性として航空隊に入隊、
厳しい訓練、特攻への任務、万世からの出撃とページは進んでいきます。
(訓練はかなり厳しいもので、脱落する人もいたようです。)
家族との交流、家族へ宛てた手紙、読んでいて胸がつまりました。

出撃前に彼は、短い髪を切り、
飛行服につけてあった七二振武隊のマークを取り遺品としました。
父親宛ての封筒の表に、自らの手で「遺品在中」と書き記して。

あとがきに、「月光の夏」を見た17歳の高校生の感想がありました。
「きょうからのぼくは、きのうまでのぼくではない」

あぁ、本当にそうだなと思いました。
人は知ることによって、大きく変わっていくものだと思います。

万世基地の滑走路は、現在、県道277号線「吹上浜公園線」として
使われています。

Dsc_0479

脱穀しました(^^)

掛け干ししてた稲を脱穀しました
でもまだ藁くずはとっていません。
こっちの方が時間がかかる~sweat02
新米までもうちょっとですhappy01

Dsc_0478

幣立神宮へ

幣立神宮へ参拝と
旧友へ会うために熊本市へ行ってきました。
幣立神宮、入り口に立派な柱ができてましたshine

Dsc_0466

Dsc_0467





熊本市に行ったのは、地震後、初めてでした。
崩れた熊本城の姿が悲しかったです・・・。
復興にはかなり時間がかかるようですが
復活を楽しみにしてますfuji

Dsc_0476

Dsc_0471

 





二の丸駐車場の近くに
「神風連」の石碑がありましたsign01
この辺りに熊本鎮台があったそうです。
Dsc_0468

Dsc_0475





甲冑を着たにゃんこちゃんがcat
「こてつ」ちゃんというそうです
とってもおとなしくて、おりこうさんでしたheart04

Dsc_0474




「華のときは悲しみのとき」相星雅子(著)

図書館で借りてきました。
1992年発行なので、25年前に出た本ですね。

著者は鹿児島市在住で、晩年のトメさんに何度も会いに行き
取材を重ねました。
お孫さんの書かれた本とは、また違うトメさんを知ることができました。

トメさんには2人の娘さんがいらっしゃったのですが
なんと養女でした。
(おふたりは、本当の姉妹)
奥さんに先立たれ、幼い子を抱えている若い父親の事を知り
おふたりを養女にされたそうです。
トメさんは、取材時、娘さん達のために、それを認めようとしなかったそうですが・・・。
トメさんの懐の大きさに、改めてびっくりさせられました。

そして富谷食堂は、マイナスだったようです。
たくさんの人々が訪れるので、薄利ではありつつも
経営は大丈夫だったのだろうと思っていましたが・・・。
お店の経営というより、トメさんが慰霊のためにどんどん使っていたから、
のようです。
ご遺族から、灯篭を建ててほしいと現金が送られてきた時、
足りない分をトメさんが出したり、少しでもいいものをと
高い灯篭を作ったり。
ご家族からも、そこまでしないといけないの?と言われたそうです。
(とがめるというより、あきらめ半分みたいな感じで)
でもトメさんは、してあげたかったんでしょうね。
そんなお母さんが好きだったと、娘さんの言葉もありました。

Dsc_0465





朝日新聞、いかんなぁ(-_-メ)

従軍慰安婦問題が朝日新聞の捏造記事から起こった事を
どのくらいの方がご存知だろう?

朝日新聞のお詫び(HP)
http://www.asahi.com/shimbun/3rd/2014122337.html

私はオットから朝日新聞の記事が原因でと
聞いてはいたけれど、自分で調べてはいなかった。

トランプ大統領が韓国に訪問した時、
元従軍慰安婦という女性が同席したという記事を見た。
それで自分で調べてみようと思って
「従軍慰安婦 朝日新聞」で検索するといっぱい出てきた。


こちらの年表が分かりやすかったので、一部分コピペ。

わかりやすく簡単に解説するサイト
http://wakariyasuku.org/ianfu.html

1977年 元陸軍軍人の吉田清治が『朝鮮人慰安婦と日本人』を刊行。軍の命令により済州島で女性を強制連行して慰安婦にしたと告白する。

1983年 吉田清治、『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』を出版。韓国へ渡り、土下座して謝罪するなどのパフォーマンスを敢行する。(1996年に、吉田は上記著作がフィクションであったことを認めている

以後、朝日新聞がたびたびこの吉田清治の活動を取り上げ、賞賛し、吉田の証言が事実であることを前提にして記事を書くことで国内世論を形成。いわゆる「従軍慰安婦強制連行問題」を大々的に取り上げて政府を非難する。

それによりさらに力を得た吉田は、これ以後、世界各地で講演するなどの懺悔活動を行い、出版物の印税を含め多くの収入を得るようになる。(このような「懺悔屋」と呼ばれる商売人が当時吉田の他にも多数いたという)

1989年 吉田の上記の著作が韓国で翻訳されるが、済州島の済州新聞が数年の追跡調査の結果、吉田が証言したような「強制連行」の事実がなかったことを発表、「(吉田の著作は)日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な商魂の産物」であると批判する。

◎分かりやすかったサイト

iRONNA「慰安婦狩り」吉田証言を報じた朝日記者の心性
http://ironna.jp/article/516

zakzak慰安婦“捏造”吉田氏の長男が真相激白「父は誤った歴史を作り出した」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160823/dms1608231140003-n1.htm

↑こちらは、吉田氏の息子さんのインタビュー記事。
吉田氏は執筆が終わるまで、済州島に行った事はなかったらしい。
どうやら、脅されていた?っぽい。

ちなみに南京事件も朝日新聞の捏造との事。
朝日新聞の記者、本多勝一という人が「中国の旅」という記事を書いたことから
始まった。

iRONNA本多勝一「中国の旅」はなぜ取り消さない
http://ironna.jp/article/769

朝日新聞、どう責任とるん?
社長が辞任したら終わり?

私は韓国の従軍慰安婦だったという女性をニュースで見た時、
心底、申し訳ないことをしたと思った。
うそだったなんて。
しかも大変な国際問題に発展してしまっていて。
国際問題にするために仕掛けたのだろうけど。


まー自分がこんな事を書くとは思ってもみなかったな。
100匹目の猿現象ってのがある。
政治的なことに、まったく関心がもてなかった自分の元へ
こういう情報が入ってきたという事は、
近いうちに「常識」がひっくり返るのではないかなーと感じている。






「大東亜戦争は日本が勝った」ヘンリー・S・ストークス(著)

前回に引き続き、ストークスさんの本を読みました。

大東亜戦争とは太平洋戦争の事です。
日本での名称は大東亜戦争で、のちにGHQによって禁止されました。
(太平洋戦争がいつの戦争かも認識してなかった私です・・・)

※アメリカの占領政策:WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

大東亜戦争で日本は負けました。
著者は、この戦争で500年もの間、植民地にされてきた
アジアの国々を独立させた、だから勝ったのだと訴えています。
この本の内容ほとんどが、世界の歴史です。
侵略につぐ侵略の歴史。読むのが大変でしたsweat02

日本は大東亜共栄圏を作るという名目で
アジアの国々を占領していったと学校で教えられているそうですね。
(私はホント全然、覚えてない・・・)
でもそれは本当だったようです。

1943年11月5日~6日、東京で大東亜会議が開かれています。
(有色人種のみの首脳会議)
これは教科書には載っていないそうですね。

大東亜共栄宣言(現代訳)
世界各国が、民族毎に自分たちの土地を持ち、お互いに助けあって、ともに国家として発展し、みんなで明るく楽しみをともにするためには、まず世界平和の確立がその根本です。
けれども米英は、自国の繁栄のためには、他国や他の民族を無理矢理押さえつけ、とくに東亜諸国に対しては飽くなき侵略と搾取を行い、東亜諸国の人々を奴隷するという野望をむきだしにし、ついには東亜諸国の安定そのものを覆(くつがえ)そうとしています。
つまり、東亜諸国の戦争の原因は、そこにその本質があるのです。
そこで東亜の各国は、手を取り合って大東亜戦争を戦い抜き、東亜諸国を米英の押さえつけから解放し、その自存自衞をまっとうするために、次の綱領にもとづいて、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与したいと考えます。
1 東亜諸国は、協同して東亜の安定を確保し、道義に基づく共存共栄の秩序を建設します。
2 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。
3 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国それぞれの文化を高めあいます。
4 東亜諸国は、互いに緊密に連携することで、それぞれの国家の経済の発展を遂げるとともに、東亜諸国の繁栄を推進します。
5 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、すすんで資源を解放して、世界の発展に貢献していきます。

他に知らなかった事。

◎第一次世界大戦後、1919年1月からのパリ講和会議の国際連盟委員会において
 日本は人種的差別撤廃を提案。
 (11対5で可決したにもかかわらず、
 アメリカのウィルソン大統領によってつぶされた)

◎インドネシアの独立宣言書の日付は「17-8-05」となっており
 「05」は皇紀2605年の事。

◎真珠湾攻撃はアメリカの罠であった。(これはネットで少し知っていた)
 ルーズベルト大統領は、日本が攻撃してくることを把握していたが、
 (というより仕向けた)
 自国民を犠牲にし、戦争へ導いた。

◎古事記は「ふることふみ」と読むのが正しい。
(これは戦争に関係ありませんが、美しいな~と感心しました。)

◎八紘一宇(はっこういちう)
 全世界はひとつの家、人類は皆きょうだいという意味。
 神武天皇が橿原宮(かしはらのみや)に即位されたときに、
「八紘を掩(おお)ひて宇(いえ)にせむこと」と言われたのに由来。
 こちらもGHQによって禁止された言葉。
 
単純に考えてみて、戦勝国は敗戦国を治めたいだろうと思います。
歯向かわないように、従順に従うように。
だとしたら、戦勝国の都合のいいように物事を解釈し
それを広めるのは当たり前の事なのでは。
私たちは本当の事を伝えられているんだろうか。

Dsc_0460




糸巻ボタン・チェーンステッチバージョン

この形が作りたかったんですflair
自力でできました~。
やったーhappy01

そして、オット作のおろし大根にゃんこですcat

Dsc_0461

Dsc_0459

全国地紅茶サミットinみなまた

エコパークでの全国地紅茶サミットに行ってきましたcafe
昨日、今日とあわせて6000人以上の方が来場されたそうで
大盛況に終わってよかったですsign01

いろんな味の紅茶があって、おもしろかったですshine
その中で1種類だけ購入してきました。
せっかくなので遠いところのをと、奈良県の紅茶にしました。
自然栽培がうれしいですねconfident

Dsc_0458

Dsc_0457





初★天草

初めて天草へcar
お墓参りに行ってきました。

Dsc_0450_2

Dsc_0448






陶器市があるとのことで、のぞいてきました。
にゃんこのお皿とヘアゴムを購入note

帰りアジア雑貨のお店があったので
立ち寄って、にゃんこハンカチ(インド製で猫柄はめずらしい)と
曼荼羅バッジを購入shine
久々にアジアの香り~happy01

Dsc_0455



 


行きがけ不知火で「神風連」という文字の入った立て看板を見かけました。
ヘンリー・S・ストークスさんの本に紹介されていたので
帰りに寄ってみることにしたのですが、
地元の方に道を尋ねると、かなり山奥で
車を置いて歩いて行かないといけないらしく
現地に行くのは断念しました。
明治維新の時、「神風連の乱」がありました。
急激に欧米化していく日本を憂い、熊本鎮台を襲撃。
多くは戦死、自刃されました。
現在は熊本市の桜山神社・護国神社に祀られています。

Dsc_0453

「戦争犯罪国はアメリカだった!」ヘンリー・S・ストークス(著)

戦争ってなんだったんだろう?
東京裁判っていうのがあって、それが違法だったと聞いたことがある。
東条英樹ってどういう人?

特攻関係の本を読んでいて、もっと知りたくなりました。
図書館で調べてみると、興味深い本があったので借りてきました。
著者はイギリス人ジャーナリストです。

サブタイトルに「東京裁判70年の虚妄」とあったので
てっきり東京裁判の事を詳しく書いてあると思ったのですが
内容は、三島由紀夫、江戸時代の黒船、明治維新の事が。
もちろん東京裁判についても書かれていました。

すこーんと腑に落ちました。
今の日本の現状は、鎖国を無理やり辞めさせられた時から
つながっているんだと。
(常識なのかしら?歴史に・地理の授業が苦痛で、全然覚えていないもので・・・)

原発・基地問題もここにあるんだと感じます。
もちろん日本に中にもあるけれど。

見えてきた。
その感覚があります。
私の知りたい事。

Dsc_0445