フォトアルバム

Live Moon

twitter

更新ブログ

Powered by Six Apart

カウンター♪

アクセス

最近のトラックバック

「ホタル帰る」赤羽礼子・石井宏(著)

トメさんの次女・礼子さんを取材し、
石井さんが書き上げた本でした。
書く人が違うと、知っている内容でも
視点が違うので新鮮でした。

★初めて知った事

◎トメさんは41歳の時、盲腸が化膿し、腹膜炎となり
入院されたのですが、当時は治療法がなく
葬式の話まで出ていた事。
氷で冷やし、奇跡的に助かった事。
(でも氷で細胞が壊死し、その治療にかなり時間がかかった)
ここまでとは知りませんでした。
「生かされた・生かされている」と実感する事は
人をとても強くしますね。

◎礼子さんは、三角兵舎付近で
アメリカ軍機の機銃掃射にあい、死ぬ思いをした事。
(パイロットの顔が見えるくらいだったそう・・・)
夢でうなされる事もあったそうです・・・。

◎礼子さんご夫妻のお店「薩摩おごじょ」は、
柴田さんが名付けた事。
今は、息子さんが跡を継いでいます。

Dsc_05711




「知ってはいけない」矢部宏治(著)

Dsc_05701


戦後70年以上たった今でも、日本は占領されている。
日本は独立国家ではない、という事実。

朝鮮戦争によって生まれた「占領下での米軍への戦争協力体制」が
今でも続いている状況。
となると、もし韓国と北朝鮮の戦争が(現在は休戦中)
終われば、日本のこの状態をアメリカが続ける理由はなくなるって事だろう。
すんなり手放すとは思えないけれど・・・。


↓この本の目次

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

この本にある4コマ漫画です。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4

KAZUYAさんの動画にもありました。


YouTube: 実は今も占領され続けている日本の空




「そうだ難民しよう!」はすみとしこ(著)

この本が出版されたのは、2年前。
当時、テレビでちらっと見て、ぎょっとした事を覚えています。
どうして、困ってる人を悪くいうのかな?
しかも女性が・・・と思っていたのでした。

「余命三年時事日記」という本で、在日コリアンの問題を知りました。
こんなひどい現状とは・・・。

この本は、日本に起こっている問題を、
イラストと短い文章で分かりやすく説明してあります。

表紙のイラストは、ヨーロッパの偽装難民をあつかったもの。
(21枚のイラストの内、日本関連のは19枚)
日本での問題を表紙にするのはむずかしかったのかな?


Dsc_05611







「悲しいサヨクにご用心!」倉山満×杉田水脈×千葉麗子(著)

Dsc_05531







最近ようやく、右翼と左翼の意味がわかってきましたsweat01


右翼といえば、威圧的な街宣車で回る人たちを思いうかべてしまいますが
日本人の国家意識を低下させる事を目的としているそうです。
街宣右翼の正体 www.geocities.jp/uyoku33/

簡単に言うと、本来は、日本人らしく、伝統を大事にしていこうという考え。
左翼は日本らしくという感覚は古いので、日本と外国の壁をなくしていこうという考え。
こちらのサイトを参考にしました。
【そこを詳しく!】左翼・右翼とはいったい何?簡単に教えて!!
https://app.synapse-blog.jp/t/app/weblog/post?id=58304081&saved_added=1&blog_id=26709


◎本の内容で、印象に残ったところ

・共産主義・・・「世界中の政府を暴力で転覆して、世界中のお金持ちを皆殺しにすれば、
         全人類が幸せになれる」という思想

・サミット参加国の中で、共産党が国会に議席を持っているのは、日本とフランスのみ。

・フランスの共産党が指示されている理由・・・ナチスに占領された時に、武器を持って戦ったから。

・本当の左翼・・・時の政府のやり方には反対だけれども、祖国は愛している。

・日本では「愛国」と言うと、アブナイ人と言われる

・フランスには反日フリーペーパーズームジャポン」が存在する。
 フリーペーパーなので広告収入で成り立っている・・・一番大きな広告主がNHKワールド。
 裏表紙はすべてNHK。

・サヨクの起こした暴力事件の紹介



11/30か12/1の参議院本会議にて、青山茂晴氏(自民党参議院議員)が
「~国益のためにこそ質問します。~」の発言時、
共産党の小池晃氏が「何が国益だよ」とヤジを飛ばしていました。

この方、何のために国会議員になったのでしょうか?
(質問の内容は、北朝鮮の船の件で、天然痘ウィルスにひとりでも感染していた場合の
 対処の仕方でした。この内容はNHK・民法で放送されませんでした。)

読んだ本3冊

Dsc_0543





・台湾が東日本大震災の時、200億円を超える義援金を寄付してくれた理由がよく分かった。
・台湾に貢献した八田與市氏

・パラオの国旗は日本と色違い。親日国であり、日本語が多用されている。
・イギリス兵だったインドの人々(捕虜になった人々)を説得して、
 独立のため、イギリスに戦いを挑んだ。
・インドの英雄 チャンドラ・ボース
・日本統治・・・学校・インフラ設備・軍事訓練

・従軍慰安婦問題の発端は朝日新聞・・・吉田清治氏の著作掲載
・吉田清治氏・・・共産党公認で市議選に出馬経験あり
・吉田清治氏の長男が、父親が著作を発表する前に済州島に行っていない事を証言
 父親のやってきた事に対し(石碑建立)対策を行っており、本も出版している。
・記事を書いた植村隆元記者の妻は韓国人

 義母は太平洋戦争犠牲者遺族会
(現・亜細亜太平洋戦争犠牲者韓国遺族会)の会長・・・梁順任氏  
 この団体は、2011年に詐欺事件でソウル広域捜査隊から摘発され、
 梁順任氏自身も13年3月に起訴されている
・従軍慰安婦だったと証言する女性たちの信憑性
 金学順氏は戦後、お店を経営していた、その資金は?
 福島瑞穂氏が証言の指導をしていた
・侵略戦争発言した細川元首相は、朝日新聞に勤めていた
・河野談話・・・韓国との談合があった

 
・東京裁判は違法裁判
・東京裁判での11人の判事の中で、ただ一人の国際法学者パール判事
・昭和26(1951)年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会にて
 日本は自衛戦争だったとマッカーサーが発言
・支那事変の発端である盧溝橋事件は中国共産党の罠であった
・世界史で旧植民地に謝罪した例はない
・国会決議で戦犯赦免の決議がされている・・・連合国の承認を得た
・日本国憲法は、米軍軍人が6日間で作り7日目にマッカーサーに提出
 当時アメリカ植民地だったフィリピンの旧憲法を使うようマッカーサーが指示した

『日本人が知っておくべき「戦争」の話』KAZUYA(著)

KAZUYAさん、Youtubeで知ったのですが
1本が4分くらいで構成されていて
とても分かりやすかったので、本も購入してみました。
この方、昭和63年生まれ、現在29歳です。
この本を出版は2015年なので、27歳の時に出版したのですねー。
すごいなぁshine

こちらの本は、大東亜戦争を分かりやすく教えてくれます。
(とはいっても、私にとってはなかなか頭に入ってこない分野ですが。)

GHQの目的は「日本が二度とアメリカの脅威にならぬよう徹底的な弱体化を図ること」でした。
GHQは「公職追放」を実施して、約20万人の政治家・公務員・マスコミ関係者を
職場から追放したそうです。
ということは、意に沿う人ばかりが、日本社会の中枢を占める事になっていったという事です。
その影響がいまだに続いているという・・・。

別の本に載っていましたが(読みかけ)
GHQが最も活用したのは、NHK、朝日新聞、岩波書店だそうです。
検問には約5000人の日本人が動員されたそう。
(英語も堪能な高学歴な方たちばかり)



戦争の事を知るようになって
日本人は人がいいというか、実直なのだなと感じます。
それゆえに、なめられてしまうというのが多かったようです。
それは今も続いているか・・・。
弱肉強食の世界で、日本人の性格は珍しいものみたいですね。
なので他の国の人が、日本人と同じ感覚ではない、
というのを知っておくのは必要だなと思います。

Dsc_0545





YouTube: 日本を戦争に引きずり込んだコミンテルンのスパイたち




違う世界が見えてきた

本を読みまくっております。

戦争って国際法というのがあり
一応、決まりがあるのを知りました。

宣戦布告、兵隊は軍服着用、武器は見えるように、
民間人は殺してはいけないなど。
戦争なんだから、なんでもありなのだと思っていました。
東京大空襲、広島、長崎の原爆投下は、明らかに戦争犯罪だと認識しました。

侵略の歴史を持つ国々では、「復讐権」という考えがあるようです。
目には目を、というのですね。
日本は原爆を2回落とされた。
なので日本は原爆を2回使っていい、そう思われているようなのです。
日本人にはビックリな発想ではないでしょうか。

戦争を知るようになり、政治関連のニュースが目につくようになりました。
戦争が終わって、日本は平和になった。ちゃんちゃん♪、じゃなかったんですね。
私はあまりにも知らな過ぎた。
まだまだ読みたい本がたまっています。
どんどん読みます。

Dsc_0490





「新説・明治維新」西 鋭夫(著)

1987年、グラバー邸に隠し部屋があったのが
発見されたそうですね。
坂本龍馬の活動資金はどこから出ていたのか?
坂本龍馬はヒーローとしてあがめられていますが
実はグラバーの手先でした。
私はある程度、知っていたのですが
いろいろと詳しい説明がありました。

この講演記録よりも、巻末のCIAにスカウトされた時の
話がかなり興味深かったです!
(こんな現実があるのかと!)
日本にもかなりスパイがいるようですよ・・・。

西さんは、現在、スタンフォード大学フーヴァー研究所の教授で、
真珠湾攻撃時の機密文書が65年経って見られるようになり
その文書を戦後、初めて開いて研究された方です。
本を出版されてるので、近いうちに読んでみたいと思います。

Dsc_0486





「ユキは十七歳 特攻で死んだ」毛利 恒之(著)

著者は脚本を書く方でした。
(「月光の夏」という映画の脚本を書かれています。)

特攻関係の取材で九州を訪れ、その時に「子犬を抱いた少年」の写真と遭遇します。
その少年が、荒木春雄さん(17歳)でした。
死を目前にして、やさしい微笑みを浮かべる写真に衝撃を受け、
この少年たちの事を知りたいと取材を重ね、
取材で得た内容のみを本にされたそうです。

荒木少年の生い立ち、飛行機への憧れ、飛行予科練習性として航空隊に入隊、
厳しい訓練、特攻への任務、万世からの出撃とページは進んでいきます。
(訓練はかなり厳しいもので、脱落する人もいたようです。)
家族との交流、家族へ宛てた手紙、読んでいて胸がつまりました。

出撃前に彼は、短い髪を切り、
飛行服につけてあった七二振武隊のマークを取り遺品としました。
父親宛ての封筒の表に、自らの手で「遺品在中」と書き記して。

あとがきに、「月光の夏」を見た17歳の高校生の感想がありました。
「きょうからのぼくは、きのうまでのぼくではない」

あぁ、本当にそうだなと思いました。
人は知ることによって、大きく変わっていくものだと思います。

万世基地の滑走路は、現在、県道277号線「吹上浜公園線」として
使われています。

Dsc_0479

「華のときは悲しみのとき」相星雅子(著)

図書館で借りてきました。
1992年発行なので、25年前に出た本ですね。

著者は鹿児島市在住で、晩年のトメさんに何度も会いに行き
取材を重ねました。
お孫さんの書かれた本とは、また違うトメさんを知ることができました。

トメさんには2人の娘さんがいらっしゃったのですが
なんと養女でした。
(おふたりは、本当の姉妹)
奥さんに先立たれ、幼い子を抱えている若い父親の事を知り
おふたりを養女にされたそうです。
トメさんは、取材時、娘さん達のために、それを認めようとしなかったそうですが・・・。
トメさんの懐の大きさに、改めてびっくりさせられました。

そして富谷食堂は、マイナスだったようです。
たくさんの人々が訪れるので、薄利ではありつつも
経営は大丈夫だったのだろうと思っていましたが・・・。
お店の経営というより、トメさんが慰霊のためにどんどん使っていたから、
のようです。
ご遺族から、灯篭を建ててほしいと現金が送られてきた時、
足りない分をトメさんが出したり、少しでもいいものをと
高い灯篭を作ったり。
ご家族からも、そこまでしないといけないの?と言われたそうです。
(とがめるというより、あきらめ半分みたいな感じで)
でもトメさんは、してあげたかったんでしょうね。
そんなお母さんが好きだったと、娘さんの言葉もありました。

Dsc_0465