フォトアルバム

Live Moon

twitter

更新ブログ

Powered by Six Apart

カウンター♪

アクセス

最近のトラックバック

『反日日本人』『ここがヘンだよ「反日」韓国』KAZUYA(著)

『反日日本人』

一時期、卒業式などで国歌を歌わない先生が居るとか
話題になっていましたが、そういう先生って結構いるんですね。
何でそこまでなのか、当時はよく分かりませんでしたが
こういう事だったのですね。

幸い、私は学校で反日の先生にはあたらなかったし
そもそも授業中にノートに落書きばかりしてたので
そういう先生が居ても、覚えてないのかもしれませんsweat02

反日と言えば、朝日新聞。
そしてテレビもほぼ。
今はネットで情報を得られるのでありがたいですね。

日本人が日本人を貶める。
何をやりたいんだろう・・・と思ってしまいます。

『ここがヘンだよ「反日」韓国』

従軍慰安婦問題の事をちゃんと知るまでは、
韓国人は「同じアジア人」と思っていましたが、
従軍慰安婦問題が被害者ビジネスである事(情報戦でもある)、
在日朝鮮・韓国人の特権の事、
生活保護受給の異常な多さ、
強制連行で仕方なく日本に住んでいると主張するも
実は245人を除いて、不法入国で日本に入ってきた事、
知れば知るほど、違いをちゃんと知っておかないといけないなーと
思います。悲しいことにこれが現実・・・。

福沢諭吉の「脱亜論」の一部が掲載されていました。(現代語訳版)
福沢諭吉は朝鮮の独立を支援していましたが、もう無理・・・と思われたようですgawk

 日本は、国土はアジアにありながら、国民精神においては西洋の近代文明を受け入れた。
ところが日本の不幸として立ち現れたのは近隣諸国である。そのひとつはシナであり、もうひとつは朝鮮である。この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているのだが、もともと人種的に異なっているのか、それとも教育に差があるのか、シナ・朝鮮二国と日本の精神的隔たりはあまりにも大きい。情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、それでも過去に拘り続けるシナ・朝鮮の精神は千年前と違わない。この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、しかもそれは表面だけの知識であって、現実綿では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
 私の見るところ、このままではシナ・朝鮮が独立を維持することは不可能である。もしこの二国に改革の志士が現れて明治維新のような政治改革を達成しつつ上からの近代化を推し進めることが出来れば話は別だが、そうでなければ亡国と国土の分割・分断が待っていることに一点の疑いもない。なぜならインフルエンザのような近代文明の波に洗われながら、それを避けようと一室に閉じこもって空気の流れを絶っていれば、結局は窒息してしまう他はないからである。
 「春秋左氏伝」の「補車唇歯」とは隣国同志が助け合う事を言うが、現在のシナ・朝鮮は日本にとって何の助けにもならないばかりか、この三国が地理的に近い故に欧米人から同一視されかねない危険性をも持っている。すなわちシナ・朝鮮が独裁体制であれば日本もそうかと疑われ、向こうが儒教の国であればこちらも陰陽五行の国かと疑われ、国際法や国際的マナーなど踏みにじって恥じぬ国であればそれを咎める日本も同じムジナかと邪推され、朝鮮で政治犯への弾圧が行われていれば日本もまたそのような国かと疑われ、等々、例を挙げていけばきりがない。これを例えれば、一つの村の村人全員が無法で残忍でトチ狂っておれば、たとえ一人がまともでもそれを咎めていたとしても、村の外からはどっちもどっちに見えると言うことだ。実際、アジア外交を評する場面ではこのような見方も散見され、日本にとって一大不幸だと言わざるを得ない。
 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。日本は、むしろ大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならないのだ。この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、ともに悪名を逃れ得ない。私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶好するものである。

Dsc_06261

「超日本人の時代 お花畑からの脱却」「バカの国」KAZUYA(著)

タイトルがどちらともいまいちだなーと思うのですが・・・。

「超日本人の時代」は、リアリズムとリベラリズムと、
国の情報戦について。
日本人はお花畑・・・sweat02
先日も中国の潜水艦がきましたしね。
実は、こういうのって日常茶飯事らしいですよ。
中国は本気で沖縄を狙っているようです・・・。
そして、韓国、中国の反日の動き。
韓国の従軍慰安婦問題、中国の主張する南京大虐殺、
どちらとも日本が発信したというのがね・・・。
朝日新聞の罪は重いですよ。
しかも南京大虐殺記念館は、社会党の田辺誠という人物が
3000万を中国側に渡して作らせたらしい。
今日の虎ノ門ニュースで見ましたが
中国はフィンランドで、南京の過去を忘れないとの
プロパカンダをしかけています。
アメリカでの慰安婦像設置も、
アメリカ在住の中国系の人がかかわってますしね。

本の内容とは違いますが、
中国は文化大革命を教科書から消すらしいですね。


「バカの国」は、日本の教育について。
戦前の教育勅語、修身が紹介されています。
これのどこが軍国主義なんだろうな。
修身は小学校1年から6年までのが紹介されていて
とてもおもしろかったです。
正直であれ、とか努力を惜しむなとか。
いろんな偉人を紹介してあって
私もがんばろうと思いましたclover(単純?)

Dsc_06091




「新編 知覧特別攻撃隊」高岡 修(編)

知覧で購入してきた本を読みました。
写真が多く掲載されており、
知らない方の遺書もたくさん紹介されていたので購入してみたのでした。

15歳の時に、特攻隊の方々のお世話をされていた、
前田笙子さんの記録がとても印象深かったです。
穴澤さんも登場し、胸がぎゅーっとなりました。
「自分達は敵艦もろともなくなられる身ながら朗らかに談笑され、
それに私達の将来のことまで心配され、
いたずらに死んではいけないとさとされ、
私達は只々頭が下がるのみだった。」

巻末には陸軍特攻隊で亡くなられた方々1,036名のお名前、年齢、出身地等が
記載されています。
覚えられないですが、すべて目を通しました。

彼らの魂が安らぎの中にあるようにと
心から祈ります。

Dsc_06061

「硫黄島栗林忠道大将の教訓」小室直樹(著)

辛口な本でした。
軍人さんといえども、ダメな人は居たようですsweat02

いろんな指導者がいる中で
特に際立った存在だったのが
硫黄島を戦った栗林忠道さんだったそうです。

硫黄島って名前は知っていましたが
(映画のタイトルで)
どこにあるのか、どんな戦いがあったのか
全く知りませんでした。

通常、指揮をとる人は、前線には出ず
後方にいるのが普通で、食事も一般の兵士の方とは別だったそうです。
でもこの栗林忠道さんは、一般の兵士の方と共に行動し、食事も一緒。

アメリカ軍は、5日で硫黄島を落とせると考えていたそうですが
この島での戦いは36日間。
日本は硫黄島を明け渡すことになったのですが
この時の戦いで、アメリカ軍に二度と日本とは戦いたくないという
思いをもたらせたようです。

硫黄島では、日米合同の慰霊祭が行われています。
アメリカ軍の方は、硫黄島で戦った方たちに(日本人を含め)
とても大きな敬意を持っています。

日本はGHQに慰霊祭を禁止されていたとはいえ、
何で硫黄島の事を知らないんでしょう。
私も全然知りませんでした。

Dsc_05931

「國破れて マッカサー」西 鋭夫(著)

ようやく読み終わりましたsweat01
厚い本なので、気になる箇所に付箋を貼っていきました。

生の機密文書によって書かかれた本。

Dsc_05881







・占領中、日本での公用語は英語だった。
 日本政府の全文書、マスコミの全印刷物、NHKの全放送内容は英訳され、
 GHQの判断を仰がなければならなかった。
 日本政治家の発言、演説もすべて英訳された。

・真珠湾攻撃の前日、ワシントンの日本大使館の職員たちは、
 職務怠慢(同僚の送別会パーティーに出席中)のため、重大な最後通牒の翻訳に
 取りかからず、アメリカ政府に宣戦布告書を手渡すことが遅れた。
 (責任は取らされていないようだ・・・。なんでだろうか?)

・1941年当時、水兵だったワシントン大学 教授アレックス・エデルスタイン博士の話。
 12月5日(金)に、土曜日~日曜日に空母3隻のみ、演習命令が下った。
 (アメリカ海軍史上、日曜日に演習をしたのは、この時が最初で最後)
 ルーズベルト大統領は、日本が攻めてくるのを知っていて
 大事な空母3隻を真珠湾から避難させていた。

・パージ(追放)

・マスコミ支配。(日本国内のみならず、海外のマスコミに対しても。)
 ※海外に対しては、検閲はないが、批判・排除
 (マスコミがアメリカ陸軍省に抗議→マッカーサーとのやりとりが多く記載されてます。)

・部下に6日間で、憲法草案を作らせた。

・『用心棒を雇い、飯を食わせ、銭もやる。この状態を「平和」と呼び、
 「平和憲法」「平和教育」と恰も平和踊りを輪になって舞っている日本国民は、
 賢いのか、狡いのか。それとも「亡命踊り」をしながら奈落の底へ落ちていっている
 のだろうか。』

・ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡・日本」

・『マッカーサーは「日本の伝統文化」を抹殺しただけでなく、その死体に
 「悪」「罪」「恥」という烙印を押した。さらに、学校教育を使い、日本の若い世代に
 「日本は大罪を犯した恥ずべき国」「愛国心は戦争を引き起こすばい菌」「日の丸は軍旗」
 「君が代は軍隊行進曲」と教え込んだ。』

・『悪い日本が改心し、勝者アメリカが創設した国際連合へ加盟させて戴けるよう、「新日本」
  はひたすら努力しなければならないとの教育が続く。』

・『CIEは文部省に「政治教育が主要な目標になる」と通達した。政治教育は「社会科」と
 名付けられ、平和の美徳、平和主義の知恵、侵略の悪を小学1年生から植え付けた。』

・『1946年1月、マッカーサーは、ワシントンの陸軍省宛に電報を打った。
 「日本の教育制度の再建は、占領行政の中で優先される。
 推定1800万人の生徒、40万人の教師、4万の学校は、占領使命を全うするための
 主要な道具なのである」』

・『1947年3月31日、新憲法に盛られた理想を学校教育で補強するために、
 「教育基本法」が公布された。
 「教育基本法」は、マッカーサー憲法と同じようにアメリカ製である。』

・『日本でマルクス主義史学を樹立した第一人者「羽仁五郎」氏率いる左翼の全日本教員組合が
 日本教職員組合(日教組)へ発展していく。』

・1945年6月23日 ロバート・キング・ホール中尉が執筆。
 『軍事占領下の日本では、カタカナだけに統一すべきだ。漢字で書かれたものは
 禁止すべきである。』
 その後、ローマ字に変更するよう変心。
 『初等及び中等学校教育で、速やかにかつ完全にローマ字に変えることが極めて
 望ましい。』

・書道は必須科目であったが、選択科目に格下げされた。

・柔道・・・GHQ・CEIにより軍国主義的として禁止されていたが、1950年9月13日に
 学校で教えても良いとの許可を出す。

・『マッカーサーは、1949年11月末になっても、日本はいかなる軍事力も持つ必要は
 ない、と断言していたが、突然、1950年元旦、憲法第九条の新解釈を提唱した。』

・『1950年1月1日、マッカーサーはアメリカ政府の承認を受け、
 日本国憲法第九条は自衛の権利を奪うことはできず、またこれを否定しないと言明した。
 日本は、アメリカの最前線で要塞になるべきだ。それによって日本が自国を護ることにも
 なる、と言う。』

・1951年4月11日、マッカーサー解任。
 『「マッカーサー元帥解任!」のニュースは、日本は天変地異の大事件となった。
 動転したのは吉田首相を始め、全国民、それに日本のマスコミの全てである。』
 『解任当日(日本時間、4月12日)の「朝日新聞」の社説「マックアーサー元帥を惜しむ」』
 を一部抜粋。
 『「日本国民が敗戦という未だかつてない事態に直面し、虚脱状態に陥っていた時、
 われわれに民主主義、平和主義のよさを教え、日本国民をこのあかるい道へしんせつに
 導いてくれたのはマ元帥であった。子供の成長を喜ぶように、昨日までの敵であった
 日本国民が、一歩一歩民主主義への道を踏みししめていく姿を喜び、これを激励しつづけて
 くれたのもマ元帥であった」』

・『著名な日本人たちが「マッカーサー神社」を建立としようと話し合った。

・『戦歿者たちを「犠牲者」として憐れむのは、戦後日本でアメリカの「平和洗脳教育」を
 受けた者たち、またアメリカの片棒を担いで「日本の平和のために」と言っている偽善者たち
 が持っている優越感以外のなにものでもない。
 憐れむ前に、戦死していった人たちに、鎮魂の念と感謝の思いを持て。』

・『征服者マッカーサーは、勇猛な日本国民を弱くしなければ、アメリカの国家安全を
 脅かされる、と恐怖の念に駆られていた。弱民化する最良の武器は「教育」である。』

・『マッカーサーは、「民主主義」「平和」という言葉を頻繁に使ったが、「平和」の裏に、
 マッカーサーの恐怖心、日本民族に対する戦慄感があることを見逃してはならない。
 彼は、日本人に平和を望んでいたのではなく、日本人の弱民化を実行していたのだ。
 アメリカの国家安全のために、日本人の誇りを潰した。
 アメリカに飼い馴らされた日本人は、「誇りの骸(むくろ)」を「平和」と呼ぶ。
 アメリカの対日「国家百年の大計」は、既に完成しているのではないか。』
 
1945年8月30日、厚木に降り立ったマッカーサーは失禁していた。
こちらに詳しく載っています。
http://ironna.jp/article/2747?p=3

「アメリカの鏡・日本」

今、「國破れてマッカサー」という本を読んでいます。
著者は西 鋭夫さん、スタンフォード大学フーヴァー研究所の教授です。

アメリカは、機密文書が30年経ったら公開されます。
(日本は公開されません。)
西さんは、終戦辺りの生の機密文書を実際、手にし、この本を書かれました。
文庫本にしては厚みがあって、ようやく半分、読みました。

この本に興味深い本が紹介されていました。
日本占領初期、GHQ・労働部に居たヘレン・ミアーズ氏の「アメリカの鏡・日本」。
1948年(昭和23年)に書かれ、マッカサーにより発売・翻訳禁止され、
日本では戦後50年経ってから翻訳されました。

長いですが、記します。
この本も読んでみます。


 戦前から、占領中にかけ、アメリカ政府およびマッカサーのGHQが「極悪・残酷日本人」観を創り上げ、それがアメリカ国民の常識となっていたが、ミアーズはその日本人観をぶち壊した。彼女によれば、ペリーの黒船から終戦までの日米関係は次のようなものだ。
 アメリカ政府は、日本が朝鮮半島やアジア大陸へ侵略をしたから日米戦争になったとアメリカ国民と世界中に言い触らしているが、世界地図を見れば、どの国がアジアへ進出したか歴然としている。我々アメリカが遠く離れたアジアへ乗り込んでいったのだ。日本はアメリカ大陸へも、ヨーロッパ大陸へも進出していない。アメリカは、アジアで日本が邪魔になったので、無理難題を投げつけ、日本を窮地へ追い込んだ。日本は、自衛のために闘うよりほかに生きる道はなかったのだ。アメリカは勝つことの解っていた戦争に日本を引き摺り込み、日本を徹底的に破壊し、力尽き果てた日本兵と一般市民を殺しまくり、勝敗のついた後でも、原子爆弾を二発も使い、さらなる大量殺戮を実行した。占領下、GHQは狂気の軍国主義日本を民主平和国家にすると独善的な言葉を使っているが、すばらしい文化と長い歴史を持っている日本に武力でアメリカ様式を押しつけているだけだ。
 アメリカ人によるこの卓越した本は、マッカサーによる発売禁止、翻訳禁止の烙印を押された。占領下、この本が日本国民に読まれたら、彼の日本統治は崩壊していただろう。

Dsc_05731

「ホタル帰る」赤羽礼子・石井宏(著)

トメさんの次女・礼子さんを取材し、
石井さんが書き上げた本でした。
書く人が違うと、知っている内容でも
視点が違うので新鮮でした。

★初めて知った事

◎トメさんは41歳の時、盲腸が化膿し、腹膜炎となり
入院されたのですが、当時は治療法がなく
葬式の話まで出ていた事。
氷で冷やし、奇跡的に助かった事。
(でも氷で細胞が壊死し、その治療にかなり時間がかかった)
ここまでとは知りませんでした。
「生かされた・生かされている」と実感する事は
人をとても強くしますね。

◎礼子さんは、三角兵舎付近で
アメリカ軍機の機銃掃射にあい、死ぬ思いをした事。
(パイロットの顔が見えるくらいだったそう・・・)
夢でうなされる事もあったそうです・・・。

◎礼子さんご夫妻のお店「薩摩おごじょ」は、
柴田さんが名付けた事。
今は、息子さんが跡を継いでいます。

Dsc_05711




「知ってはいけない」矢部宏治(著)

Dsc_05701


戦後70年以上たった今でも、日本は占領されている。
日本は独立国家ではない、という事実。

朝鮮戦争によって生まれた「占領下での米軍への戦争協力体制」が
今でも続いている状況。
となると、もし韓国と北朝鮮の戦争が(現在は休戦中)
終われば、日本のこの状態をアメリカが続ける理由はなくなるって事だろう。
すんなり手放すとは思えないけれど・・・。


↓この本の目次

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

この本にある4コマ漫画です。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4

KAZUYAさんの動画にもありました。


YouTube: 実は今も占領され続けている日本の空




「そうだ難民しよう!」はすみとしこ(著)

この本が出版されたのは、2年前。
当時、テレビでちらっと見て、ぎょっとした事を覚えています。
どうして、困ってる人を悪くいうのかな?
しかも女性が・・・と思っていたのでした。

「余命三年時事日記」という本で、在日コリアンの問題を知りました。
こんなひどい現状とは・・・。

この本は、日本に起こっている問題を、
イラストと短い文章で分かりやすく説明してあります。

表紙のイラストは、ヨーロッパの偽装難民をあつかったもの。
(21枚のイラストの内、日本関連のは19枚)
日本での問題を表紙にするのはむずかしかったのかな?


Dsc_05611







「悲しいサヨクにご用心!」倉山満×杉田水脈×千葉麗子(著)

Dsc_05531







最近ようやく、右翼と左翼の意味がわかってきましたsweat01


右翼といえば、威圧的な街宣車で回る人たちを思いうかべてしまいますが
日本人の国家意識を低下させる事を目的としているそうです。
街宣右翼の正体 www.geocities.jp/uyoku33/

簡単に言うと、本来は、日本人らしく、伝統を大事にしていこうという考え。
左翼は日本らしくという感覚は古いので、日本と外国の壁をなくしていこうという考え。
こちらのサイトを参考にしました。
【そこを詳しく!】左翼・右翼とはいったい何?簡単に教えて!!
https://app.synapse-blog.jp/t/app/weblog/post?id=58304081&saved_added=1&blog_id=26709


◎本の内容で、印象に残ったところ

・共産主義・・・「世界中の政府を暴力で転覆して、世界中のお金持ちを皆殺しにすれば、
         全人類が幸せになれる」という思想

・サミット参加国の中で、共産党が国会に議席を持っているのは、日本とフランスのみ。

・フランスの共産党が指示されている理由・・・ナチスに占領された時に、武器を持って戦ったから。

・本当の左翼・・・時の政府のやり方には反対だけれども、祖国は愛している。

・日本では「愛国」と言うと、アブナイ人と言われる

・フランスには反日フリーペーパーズームジャポン」が存在する。
 フリーペーパーなので広告収入で成り立っている・・・一番大きな広告主がNHKワールド。
 裏表紙はすべてNHK。

・サヨクの起こした暴力事件の紹介



11/30か12/1の参議院本会議にて、青山茂晴氏(自民党参議院議員)が
「~国益のためにこそ質問します。~」の発言時、
共産党の小池晃氏が「何が国益だよ」とヤジを飛ばしていました。

この方、何のために国会議員になったのでしょうか?
(質問の内容は、北朝鮮の船の件で、天然痘ウィルスにひとりでも感染していた場合の
 対処の仕方でした。この内容はNHK・民法で放送されませんでした。)