フォトアルバム

Live Moon

twitter

更新ブログ

Powered by Six Apart

カウンター♪

アクセス

最近のトラックバック

「大東亜戦争は日本が勝った」ヘンリー・S・ストークス(著)

前回に引き続き、ストークスさんの本を読みました。

大東亜戦争とは太平洋戦争の事です。
日本での名称は大東亜戦争で、のちにGHQによって禁止されました。
(太平洋戦争がいつの戦争かも認識してなかった私です・・・)

※アメリカの占領政策:WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

大東亜戦争で日本は負けました。
著者は、この戦争で500年もの間、植民地にされてきた
アジアの国々を独立させた、だから勝ったのだと訴えています。
この本の内容ほとんどが、世界の歴史です。
侵略につぐ侵略の歴史。読むのが大変でしたsweat02

日本は大東亜共栄圏を作るという名目で
アジアの国々を占領していったと学校で教えられているそうですね。
(私はホント全然、覚えてない・・・)
でもそれは本当だったようです。

1943年11月5日~6日、東京で大東亜会議が開かれています。
(有色人種のみの首脳会議)
これは教科書には載っていないそうですね。

大東亜共栄宣言(現代訳)
世界各国が、民族毎に自分たちの土地を持ち、お互いに助けあって、ともに国家として発展し、みんなで明るく楽しみをともにするためには、まず世界平和の確立がその根本です。
けれども米英は、自国の繁栄のためには、他国や他の民族を無理矢理押さえつけ、とくに東亜諸国に対しては飽くなき侵略と搾取を行い、東亜諸国の人々を奴隷するという野望をむきだしにし、ついには東亜諸国の安定そのものを覆(くつがえ)そうとしています。
つまり、東亜諸国の戦争の原因は、そこにその本質があるのです。
そこで東亜の各国は、手を取り合って大東亜戦争を戦い抜き、東亜諸国を米英の押さえつけから解放し、その自存自衞をまっとうするために、次の綱領にもとづいて、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与したいと考えます。
1 東亜諸国は、協同して東亜の安定を確保し、道義に基づく共存共栄の秩序を建設します。
2 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。
3 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国それぞれの文化を高めあいます。
4 東亜諸国は、互いに緊密に連携することで、それぞれの国家の経済の発展を遂げるとともに、東亜諸国の繁栄を推進します。
5 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、すすんで資源を解放して、世界の発展に貢献していきます。

他に知らなかった事。

◎第一次世界大戦後、1919年1月からのパリ講和会議の国際連盟委員会において
 日本は人種的差別撤廃を提案。
 (11対5で可決したにもかかわらず、
 アメリカのウィルソン大統領によってつぶされた)

◎インドネシアの独立宣言書の日付は「17-8-05」となっており
 「05」は皇紀2605年の事。

◎真珠湾攻撃はアメリカの罠であった。(これはネットで少し知っていた)
 ルーズベルト大統領は、日本が攻撃してくることを把握していたが、
 (というより仕向けた)
 自国民を犠牲にし、戦争へ導いた。

◎古事記は「ふることふみ」と読むのが正しい。
(これは戦争に関係ありませんが、美しいな~と感心しました。)

◎八紘一宇(はっこういちう)
 全世界はひとつの家、人類は皆きょうだいという意味。
 神武天皇が橿原宮(かしはらのみや)に即位されたときに、
「八紘を掩(おお)ひて宇(いえ)にせむこと」と言われたのに由来。
 こちらもGHQによって禁止された言葉。
 
単純に考えてみて、戦勝国は敗戦国を治めたいだろうと思います。
歯向かわないように、従順に従うように。
だとしたら、戦勝国の都合のいいように物事を解釈し
それを広めるのは当たり前の事なのでは。
私たちは本当の事を伝えられているんだろうか。

Dsc_0460




「戦争犯罪国はアメリカだった!」ヘンリー・S・ストークス(著)

戦争ってなんだったんだろう?
東京裁判っていうのがあって、それが違法だったと聞いたことがある。
東条英樹ってどういう人?

特攻関係の本を読んでいて、もっと知りたくなりました。
図書館で調べてみると、興味深い本があったので借りてきました。
著者はイギリス人ジャーナリストです。

サブタイトルに「東京裁判70年の虚妄」とあったので
てっきり東京裁判の事を詳しく書いてあると思ったのですが
内容は、三島由紀夫、江戸時代の黒船、明治維新の事が。
もちろん東京裁判についても書かれていました。

すこーんと腑に落ちました。
今の日本の現状は、鎖国を無理やり辞めさせられた時から
つながっているんだと。
(常識なのかしら?歴史に・地理の授業が苦痛で、全然覚えていないもので・・・)

原発・基地問題もここにあるんだと感じます。
もちろん日本に中にもあるけれど。

見えてきた。
その感覚があります。
私の知りたい事。

Dsc_0445

「陸軍特別攻撃隊の真実 只一筋に征く」

この本はネットで購入したのですが(古本)
最初に見た時、一瞬ためらいました。
イメージ的に黒いバスに乗ってる人達と一緒みたいな・・・。
(黒いバスに乗ってる方々の9割は日本人ではないそうです・・・)

でも「只一筋に征く」という題字が
17歳で亡くなった荒木幸雄さんの書いたものと知り
これは手に取ってみたい、と思い購入しました。

万世特攻平和祈念館の名誉館長さんが監修された本で
写真が多く掲載されていて分かりやすかったです。

特攻隊は、飛行機でアメリカの軍艦に体当たりしたものだけと思っていたのですが
魚雷を改造して人が乗れるようにしたり、ボートに爆弾を乗せていったり
またB29にもぶつかっていった特攻もあったそうです。
初めて知りました・・・。


この本にも紹介されている穴澤利夫さん(23歳)の手紙を紹介します。

(前略)

婚約をしてあった男性として、散っていく男子として
女性であるあなたに少し言って征きたい
 あなたの幸せを希う以外に何物もない
 徒に過去の小義に拘るなかれ あなたは過去に生きるのではない
 勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと
 あなたは今後の一時一時の現実の中に生きるのだ
 穴澤は現実の世界にはもう存在しない
極めて抽象的に流れたかも知れぬが、
将来生起する具体的な場面場面に活かしてくれるよう
自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである
純客観的な立場に立って言うのである
当地は既に桜も散り果てた 大好きな嫩葉(わかば)の候が此処へは直に訪れることだろう
今更何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみたい

一、読みたい本
「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

二、観たい画
ラファエル「聖母子像」芳崖「悲母観音」

三、智恵子 会いたい、話したい、無性に

 今後は明るく朗らかに
自分も負けずに 朗らかに笑って征く

                 利夫
智恵子様


Dsc_0442



「BUTTONS」

糸巻ボタン、いろんな模様があるようで
思い切ってイギリスの本を購入しましたflair
ネットで見かけた作ってみたい模様が載ってない・・・sweat02
がーん・・・。
いろんな種類のボタンの作り方が紹介されてますが
私には高度すぎcoldsweats02
でもいつか役に立つかもなぁ・・・。
目の保養にもなるしshine

チャイ君が頭に自分の手(前足)を乗せて寝ていました。
かわいいな~heart04

Dsc_0441

Dsc_0439

「特攻基地 知覧始末記」佐藤 早苗(著)

特攻で亡くなった方々とその家族や恋人に焦点をあてた内容でした。
悲劇としかいいようのない・・・。
でも現実にあったことであり
残された方は今も亡くなった方を思い続けています。

この本にも紹介されている穴沢利夫さんと婚約者の智恵子さんの
お名前は、もう忘れる事はないでしょう。

亡くなった方のすべてに、このような悲しい出来事があったんですよね。
そのすべてを知る術はありませんが、
知る限りの事は、心に刻んでおきたいと思います。

戦争について、今まで積極的に知ることはなかったのですが
知らなきゃいけないなーと思う内容がたくさんありました。
歴史が苦手なので、なかなか頭に入っていかないのですがsweat02
知っていく努力をしていきたいと思います。

Dsc_0438

「特攻の町・知覧」佐藤 早苗(著)

知れば知るほど、こうするしかなかったのかと
悔しさがこみ上げてきます・・・。

この本で知った事。

・飛行機で飛び立った後、作戦が成功したのか
 どうやって調べていたのだろうと思っていたら
 (勝手に、後からアメリカ軍の通信を盗み聞きしてるのかと思ってました)
 モースル信号で、最期の最期まで状況を伝えていた。
 その精神力に驚愕します・・・。

・鳥濱トメさんの娘、礼子さんは「なでしこ隊」として
 特攻に出る方々のお世話係をしており、お世話していた方、知り合いの方が
 出発される時には、明け方、飛行場で見送り
 その足で通信室まで歩き(約2時間)、飛び立っていった方々の消息を確認していたこと。
 途中からは、モールス信号を教えてもらっていたので、
 自ら聞き取り、最期を確認していた。

・不時着・飛行機の故障などで、生き残った人たちは
 再び出撃する場合もあったけれど、
 監禁され上官からの罵倒を浴びて、屈辱の日々を送っていた。
 終戦後、家に戻ると、すでに葬式は済み、戸籍もなくなっていた方も・・・。

・特攻隊として戦死した方々の大半は、少年飛行兵と学生で招集された人ばかり。
 職業軍人は一握りだった。

・パイロットの訓練は厳しく、練習中に死亡する例も多々あったよう。

Dsc_0425

「よみかき部やっちゃいました。」

「書くの好き」な方々の作品集です。
いろんな個性があって、味わい深い1冊でしたshine

作品ではないですが「よみかき部十之心得」よかったですtulip
好奇心を忘れず、楽しく躍進していく気持ちnote
いつも持っていたいですねhappy01

Dsc_0423

「知覧いのちの物語」鳥濱明久(著)

特攻の母と呼ばれた、鳥濱トメさんのお孫さんが書かれた本です。

苦労続きだったトメさんの生い立ち、
経営していた富屋食堂が軍の指定食堂になり
死にゆく若者たちに、家財道具を売り払ってまで
愛情を注がれていた事。
そして最期の最期まで、戦争で亡くなった方々を思い続けていた事。

こんな方が鹿児島にいらしたとは。

現在、知覧にある知覧特攻平和会館や、
その隣にある観音堂は、トメさんの強い意志がなければ
建てられる事はなかったのですね。

現在、富屋食堂はありませんが
「ホタル館富屋食堂」という、当時の資料が残された資料館があります。

トメさんの直筆、公にできなかった若者の手紙など
貴重なものが展示されてあるようです。
機会をみて、行ってみるつもりです。

Dsc_0415

「魂の退社」稲垣えみ子(著)

以前、ネットので見かけたアフロの女性。
大手企業に勤めていたけど、50歳でやめて
家電をすべて処分して暮らしているという記事を読んだ。

図書館でふと目に着いたので
借りてきて読んでみた。

おもしろい人がいるものだshine

大都会で暮らし、お給料に見合った消費をしていたけれど
香川県に移動になって、お金を使うことがなくなり、
(香川県の方の価値基準って、うどんらしいですflair
お金じゃない価値観に目覚めて
50歳で辞める事を考え始め、
実行に移しためずらしい女性。

「ひとり」で考えて決断して実行する事の大切さを
改めて感じた本でした。

会社に勤めていたら、いろいろしがらみがあるもの。
その分、守られているところも大いにあるのだけど。

稲垣さんの今後が気になるなぁ。
また本にしてほしいなclover

Dsc_0398



「まめねこ 8」

今回もにやにやさせてもらいましたsmile
ほっとする漫画ですshine

Dsc_0394